会社案内

代表あいさつ

代表取締役社長 南啓二

代表取締役社長 南啓二

①質の高いドラッグ・調剤・介護を実践し「信頼される企業」をめざします。

②地域住民の立場に立った「安心の得られる企業」をめざします。

③各自が株式会社せいきの従業員として誇りを持って「最善をつくす企業」をめざします。

我々の企業は上記の三つの信条をめざしています。

そのための専門家として薬剤師・看護師・介護福祉士・ケアマネージャー・栄養士・運動療法士・登録販売員を抱えています。その特性を生かしきることで地域住民の方々にとって健康と美に少しでもお役にたてればと私達は考えております。

具体的には、メタボリックシンドロームの予防・ピンピンいつまでも元気でいられるサポートづくり、また、地域密着企業として、健康を守る薬局・メディカル施設、さらに、在宅療養のサポート・訪問介護・デイサービス・福祉医療器・サービス付高齢者マンションなどで貢献してゆきます。

これら夢の実現は、単なる薬局には決してできない、株式会社せいきのみが実現出来得るものと自負しております。地域住民の方々の幸せに大いに寄与するものであることを疑いません。

株式会社せいきがあって本当に良かった、と皆様から感謝されるような会社に邁進したいと考えております。

代表取締役副社長 塚本隆文

代表取締役副社長 塚本隆文

私は、昭和61年、株式会社せいき キタバ薬局に薬剤師として入社しました。 以来、ドラッグストアでの(主に医薬品の)販売、処方箋調剤、また、介護支援専門員(ケアマネジャー)としてケアプランの作成、と常に現場最前線で経験を積み重ねてまいりました。お客様と接しながら、何を求めて来られるのか、また、何が原因で困っているのか、といったことをいつも観察しながら、私なりの答えを形にしてきたつもりです。

そして、入社当初はドラッグ部門のみであった当社も、私の歩みそのままに、調剤部門・介護部門を持つようになり、現在の3本柱(ドラッグ・調剤・介護)となりました。

同業他社が吸収・合併を繰り返しながら、当社のような体制作りに邁進するなか、これら3本柱を自力で持ち得たことは、業界でも稀有と、大いに自負するところであります。

リーマンショック以降、全世界的に大きな転換期を迎えているように感じます。我々の業界も例外ではありません。決して現状に甘んじることなく、誰もが安心して暮らしてゆけるような地域社会の創造に少しでも多く寄与できるよう、一層の努力を続けてまいる所存です。

ページトップへ